注册 登录  
 加关注
   显示下一条  |  关闭
温馨提示!由于新浪微博认证机制调整,您的新浪微博帐号绑定已过期,请重新绑定!立即重新绑定新浪微博》  |  关闭

会いたかった

喜欢就是喜欢。有的人,相处了一辈子都不会有感觉,有些人见了一面便忘不了。

 
 
 

日志

 
 

【drama下载】[20120418]そして、開く扉(福山潤 平川大輔 黒田崇矢 立花慎之介)【翻译待补】  

2012-04-19 13:55:08|  分类: drama平假名 |  标签: |举报 |字号 订阅

  下载LOFTER 我的照片书  |

【drama下载】[20120418]そして、開く扉(福山潤 平川大輔 黒田崇矢 立花慎之介)【翻译待补】 - 坊酱 - 会いたかった
CD (2012/4/18)
ディスク枚数:1 


【CAST】

須永 透:福山 潤
高垣慎吾:平川大輔
麻生俊継:黒田崇矢、他 


【STORY】
 須永透は北海道にある聖フランシスコ教会に席を置く神父だった。
透には、かつて幼なじみの間処慎吾と禁忌を犯してしまったという過去があり、
そのことから逃れるようにしてこの地に流れ着き、罪を償う為に聖職者となったのだった。
 あれから15年。世話になっていた間処家を後にする際に、慎吾にさよならを告げられ
なかったことを、透は今でも後悔していた。 
 ある日、教会に瀕死の重傷を負った男が担ぎ込まれる。
殴打された顔は人相の判断がつかぬほどに腫れ上がり、呼吸もひどく浅い。
しかし透の懸命な介護で、男は意識を取り戻した。
男は自らを高垣と名乗るが、本名かどうかはわからなかった。
高垣の言動には謎が多く、なにより拳銃を所持していたからだ。
  そんな折り、刑事がとある事件の聞き込みにやってくる。
刑事も高垣を不審に思ったようだが、決め手になる証拠がないため「顔の怪我が治る頃に
またお邪魔させて貰いますよ」と言い残して去っていった。
 献身的な看病を続ける透に、いつしか高垣も心を開くようになる。
やがて、高垣の怪我が治り教会を去る日。そのとき透は高垣こそが慎吾であることを知る。 
慎吾は復讐のために北海道へ来たことを告げ、透に死への覚悟を仄めかした……。

 

下载地址:http://115.com/file/c2lje41e#

翻译下载:  待补

  评论这张
 
阅读(393)| 评论(3)
推荐 转载

历史上的今天

评论

<#--最新日志,群博日志--> <#--推荐日志--> <#--引用记录--> <#--博主推荐--> <#--随机阅读--> <#--首页推荐--> <#--历史上的今天--> <#--被推荐日志--> <#--上一篇,下一篇--> <#-- 热度 --> <#-- 网易新闻广告 --> <#--右边模块结构--> <#--评论模块结构--> <#--引用模块结构--> <#--博主发起的投票-->
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

页脚

网易公司版权所有 ©1997-2017